【パリモーターショー10】ロータス エヴォーラ に初のAT…日本市場重視

自動車 ニューモデル 新型車
エヴォーラ IPS
  • エヴォーラ IPS
  • エヴォーラ IPS
  • エヴォーラ IPS
英国ロータスカーズは26日、9月30日に開幕するパリモーターショーにおいて、『エヴォーラ』のAT仕様、「エヴォーラIPS」を公開すると発表した。

IPSとは、「インテリジェント・プレシジョン・シフト」の略。従来なかったエヴォーラのATバージョンである。

IPSは、ロータスが自社開発したパドルシフト付きの6速ATを搭載。スイッチ操作によってパドルシフトによるマニュアルモードと、通常のATモードを切り替える。さらに、スポーツモードを採用。シフトタイミングなどを、走りに振った設定に変えることが可能だ。

エンジンに変更はなく、3.5リットルV型6気筒ガソリンユニットは、最大出力280ps/6400rpm、最大トルク35.7kgm/4500rpmを発生。0~100km/h加速5.5秒、最高速250km/hの実力だ。

ロータスのダニー・バハーCEOは、「アジア、中東、米国など、ATニーズの高い市場へ、このIPOを投入する」と語り、日本などの市場を重視する意向を示している。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース