三菱、軽キャンパー市場に参入…本格装備で車中泊需要にアピール

自動車 ニューモデル 新型車
タウンボックスキャンパー
  • タウンボックスキャンパー
  • タウンボックスキャンパー
  • タウンボックスキャンパー
  • タウンボックスキャンパー
  • タウンボックスキャンパー
  • タウンボックスキャンパー
  • タウンボックスキャンパー
  • タウンボックスキャンパー
三菱自動車は5日、軽ワゴンの『タウンボックス』にキャンピングカー仕様の特装車「タウンボックスキャンパー」を設定、全国の三菱販売店での取り扱いを開始した。車中泊ブームを受け、気軽に購入できると人気が高まりつつある「軽キャンパー」市場に本格参入する。

タウンボックスキャンパーの大きな特徴は、本格的なポップアップルーフの採用。ルーフを開くことで室内高は最大2170mmまで拡大。楽に立ち上がることができ、着替えにも便利だ。手動式のルーフはガスダンパーを装着しているため、力をかけずに開閉することができる。

また、リアシートを倒すことでフルフラットな荷室を確保できるベース車の長所を活かし、分割式のベッドマットを敷くことで2名が快適に就寝できるスペースを実現した。さらに、ギャレー機能と300Wの電化製品を使用可能なサブバッテリーやコンセントをパッケージした「ギャレー&シンク」、収納スペース付きの「テーブルカウンター」をオプション設定し、軽自動車でありながら本格的なキャンピングカーと遜色の無い装備を実現している。

商品開発を手掛けた三菱自動車カーライフプロダクツ特装企画部の浅田国英氏は、「三菱ならではのインパクトがほしかったのでポップアップルーフを採用しましたが、気軽に楽しんでもらうためにも、価格を抑える必要がありました」と語る。

「そこで、ドアミラーやドアハンドルなど、細かい部分を簡素化することでベース車の価格を下げ、フル装備でも236万円程度とお求めやすい価格を実現しました。また、ポップアップルーフをはじめ主要装備をオプションとすることで、価格を含め、お客様それぞれのニーズに対応していこうと考えました」(浅田氏)

また三菱のディーラー車として販売することで、保証の面でも安心感を提供する。タウンボックスキャンパーは他の三菱車と同様、車両本体については「10年10万km保証」の対象となるほか、架装部分についても「1年2万km」の保証の対象となるため、改造キャンパーや他メーカー車と比べてもより安心して購入できるという。

浅田氏は、「イベントなどを通じて三菱の軽キャンパーをアピールしていきたい。販売目標は2010年度で100台を見込んでいますが、1台でも多く売っていきたいと思っています」と抱負を語る。

5月にはスバルが同様に軽バン『サンバー』をベースとした軽キャンパー「旅人」を、ホンダからは7月にアウトドア志向のミニバン『フリードスパイク』が発売されるなど、車中泊ブームを受け、各メーカーはアウトドア市場への本格的な参入を開始している。低迷する自動車業界の起爆剤となることができるか、要注目だ。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

  • スバルの軽キャンピングカー “旅人”、車中泊ブームで順調な滑り出し 画像 スバルの軽キャンピングカー “旅人”、車中泊ブームで順調な滑り出し
  • 【ホンダ フリードスパイク 発表】高速道路利用増加が荷室を変える!? 画像 【ホンダ フリードスパイク 発表】高速道路利用増加が荷室を変える!?
  • 【東京オートサロン10】豊田通商がつくる“車中泊向けハイゼット” 画像 【東京オートサロン10】豊田通商がつくる“車中泊向けハイゼット”
  • 高速道路「料金高くても渋滞が少ない」を希望---6割超 画像 高速道路「料金高くても渋滞が少ない」を希望---6割超

特集