【ホンダ フリードスパイク 発表】高速道路利用増加が荷室を変える!?

自動車 ニューモデル 新型車
フリードスパイク
  • フリードスパイク
  • フリードスパイク
  • フリードスパイク
自在なカーゴルームを実現することができるホンダの2列シートモデル『フリードスパイク』は、「ちょっとレジャー費をおさえてでもドライブ先で自分らしい時間を過ごしたい」(ホンダ関係者)というユーザーにウケそうだ。

このクルマの開発責任者である安木茂宏氏は、同車発表会のプレゼンテーションで「過ごせる」を何度も強調した。このクルマの自慢である反転フロアボード、リアシートダイブダウン、リアサイドユーティリティは、荷室の水平方向と垂直方向に“楽しさ”が演出されている。

助手席を最前端までスライドさせれば、前後の荷室長は2015mmとなり、大柄な大人が寝転がっても頭上や足元に窮屈さは感じない。発表会で参加者が荷室に寝転がっているのを見ると、“土日祝1000円”や“一部無料化”の高速道路のサービスエリアなどで見かける仮眠や車中泊といったシーンを思いおこす。

同社日本営業本部営業開発室商品ブランドブロック主任・藤川大氏は、「確かに高速道路を利用する人たちが増えることで、ユーザーの車内泊への関心が高くなっているのは事実。車中泊以外にも、好きな場所へドライブに出かけて寝転がったりひと休みしたいという声も多かったことは確か」と話す。

フリードスパイクは、『モビリオスパイク』の時代から共通のユーザー像があるという。

「基本的に車内空間を自分らしく個性的に使っているというのが特徴的。それは多種多様で、部屋と同じように仕立てたり、好きな釣りやサーフィンなどにあわせてモノを置いたり、自転車とそのツールなどを持ち運ぶ空間にしたり、とにかく幅広い使い道がある」(藤川氏)
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ プレマシー 新型発表】ミニバンにダウンサイジングの波 画像 【マツダ プレマシー 新型発表】ミニバンにダウンサイジングの波
  • スバルの軽キャンピングカー “旅人”、車中泊ブームで順調な滑り出し 画像 スバルの軽キャンピングカー “旅人”、車中泊ブームで順調な滑り出し
  • 軽キャンピングカーをレンタル開始 マツダレンタカー 画像 軽キャンピングカーをレンタル開始 マツダレンタカー
  • 【ホンダ フリードスパイク 発表】写真蔵…ミニバンから野外レジャーに最適のトールワゴンへ 画像 【ホンダ フリードスパイク 発表】写真蔵…ミニバンから野外レジャーに最適のトールワゴンへ

特集