GMとGoogle、車載テレマティクス分野で提携

GMは18日、グーグルと車載テレマティクス分野で提携すると発表した。2010年末に発売するプラグインハイブリッド車、シボレー『ボルト』用のサービスを共同開発する。

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
共同開発のボルト用サービス
  • 共同開発のボルト用サービス
  • 共同開発のボルト用サービス
  • 共同開発のボルト用サービス
  • 共同開発のボルト用サービス
  • 共同開発のボルト用サービス
GMは18日、グーグルと車載テレマティクス分野で提携すると発表した。2010年末に発売するプラグインハイブリッド車、シボレー『ボルト』用のサービスを共同開発する。

新サービスは、GMの「オンスター」を通じて提供。オンスターは1995年、米国で導入されたカーテレマティクスサービスの草分け的存在。衛星を利用した自車位置特定技術により、事故やトラブル発生時、警察や消防などへの連絡を自動的に行ってくれるのが特徴だ。すでに米国では、560万人以上がオンスターに加入している。

またGMは、2009年12月から中国市場へオンスターを導入。緊急通報、遠隔操作によるドアロック解除、盗難車追跡など、14のサービスメニューを展開中だ。

今回GMは、このオンスターのネットワークを応用。グーグルのスマートフォン用プラットフォーム、「アンドロイド」を使い、新型ボルトの顧客向けに便利なサービスを提供する。

例えば、ボルトユーザーのスマートフォンに、ボルトのバッテリーの充電状況などを知らせるほか、「グーグルマップ」と連携したナビゲーションシステム、スマートフォンを通じたエアコンの遠隔操作など、さまざまな使い方が可能になる。

自動車メーカーでは、フォード、フィアット、ヒュンダイ、キアがマイクロソフト社と提携し、カーテレマティクスサービスを提供中。GMはグーグルとの提携で、テレマティクス分野の強化を図る。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集