トヨタ佐々木副社長「トヨタユーザーはトヨタのフィーリングに慣れている」

自動車 ビジネス 企業動向
プリウス
  • プリウス
  • 佐々木眞一副社長
新型『プリウス』に関して国土交通省リコール対策室に寄せられた情報に関して、トヨタ自動車の佐々木眞一副社長は3日夜、「苦情は聞いているが、その内容から不具合なのか苦情なのか精査しないとわからない」と答えた。

同日夜の前原国交相との会談後、記者団の前に現れた佐々木氏は、国交省リコール対策室が把握する14件の不具合情報について、どう対応するのかとの問いにこう答えた。

「フィーリングの問題なので、お客様が望むフィーリングになるよう、例えばブレーキをちょっと踏んだだけでぎゅっときくようになるのか、それともちょっと踏んだだけでぎゅっときくのは嫌だというのか、いろいろありますね」

また、新型プリウスのユーザーの一部がブレーキに関して違和感を覚えていることについては「トヨタのお客様はトヨタの(ブレーキの)フィーリングにお慣れになっていますので、多少それと違うことが起きると、それはちょっと悪いということになりますので」という見解を示した。

また、内容によっては、さらに調査するとした。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ佐々木副社長、国交省で事情説明 画像 トヨタ佐々木副社長、国交省で事情説明
  • トヨタ米国新車販売、リコールの影響で8.7%減…1月実績 画像 トヨタ米国新車販売、リコールの影響で8.7%減…1月実績
  • 新車見積ランキング、ハイブリッド人気下降か…1月 画像 新車見積ランキング、ハイブリッド人気下降か…1月
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】評論家16人の試乗評価 画像 【トヨタ プリウス 新型発表】評論家16人の試乗評価

特集