【東京オートサロン10】プリウス & インサイト のRR仕様…トミーカイラ

自動車 ニューモデル モーターショー
TOMMYKAIRA PRIUS RR
  • TOMMYKAIRA PRIUS RR
  • TOMMYKAIRA PRIUS RR
  • TOMMYKAIRA PRIUS RR
  • TOMMYKAIRA PRIUS RR
  • TOMMYKAIRA PRIUS RR
  • TOMMYKAIRA PRIUS RR
  • TOMMYKAIRA PRIUS RR
  • TOMMYKAIRA PRIUS RR
東京オートサロン(1月15 - 17日、幕張メッセ)で、『プリウス』と『インサイト』の「RR」仕様を発見。コンプリートカーを手がけるトミーカイラジャパンが展示しているものだ。

展示された『TOMMYKAIRA PRIUS RR』、『TOMMYKAIRA INSIGHT RR』は、両モデルとも「RR」は「Racing Style Reality」の略で、エコスポーツを開発コンセプトに、スポーティー&レーシー、個性と遊び心を追求したという。

トミーカイラは、コンプリートカーを専門としていたが、2009年にはE・Rコーポレーションのもと新体制となっている。「コンプリートカーに執着しすぎた」と同社関係者は前体制についての反省を語った。

同社関係者によれば、自動車用アフターパーツ販売に関しては、ハイブリットカーに限らず現代の自動車では電子化が進んでいることと、新車購入時にパーツを取り付ける例が多いことなどから、新車保証が受けられなくなるなど、メカ部分のチューニングに関しては手が出せない状況という。

そのため現在では、販売方法も、新車でコンプリートカーを購入、現在乗っている車両をコンプリートカーと同様にチューニングする「持ち込みチューニング」、パーツ単体の購入により「トミーカイラの味付けを部分的に楽しんでもらう」の、3つの方法をとっている。

メカ部分のチューニングに関してはメーカーとのタイアップが必要となるようで、あくまで見た目重視と今後もスタイリングを中心とした提案が軸となるようだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース