【東京オートサロン10】インサイト をより速く、よりエコに…パワーエンタープライズ

自動車 ニューモデル モーターショー
パワーエンタープライズ/ホンダ・インサイト
  • パワーエンタープライズ/ホンダ・インサイト
  • パワーエンタープライズ/ホンダ・インサイト
  • パワーエンタープライズ/ホンダ・インサイト
  • パワーエンタープライズ/ホンダ・インサイト
  • パワーエンタープライズ/ホンダ・インサイト
  • パワーエンタープライズ/ホンダ・インサイト
  • パワーエンタープライズ/ホンダ・インサイト
当然のことながら、新車の販売台数と比例して今年の東京オートサロンはハイブリッド車の出展が多い。エアロやホイール、ローダウンでスポーティさを強調したクルマは色々あったが、パワーエンタープライズの『インサイト』は一味も二味も違っていた。

「エコパワープロジェクト」と名付けられたチューニングメニューは、ホンダ・インサイトをパワーアップさせたり、環境性能をより高めるためのアイデアが満載だ。

ベースモデルにインサイトを選んでいるのは、エンジンとモーターを別々に制御するパラレル式のハイブリッドシステムのため、それぞれをチューニングすることが比較的容易だからだろう。そもそも走る楽しさも盛り込まれたインサイトだけに、チューニングに対する素性の良さはハイブリッドでも随一なのだ。

エンジンルームを見ると、いかにもチューニングらしい極太のインテークパイプがのたうち回る。同社オリジナルの遠心式スーパーチャージャーを組み込むことで、エンジン回転の全域でトルクアップを実現するのだ。それだけなら既存のエンジンチューンと同じアプローチだが、インサイトではLPGも使えるバイ・フューエルも搭載可能なのである。LPGによる出力低下を過給機で補うことにより、走りの性能を損なうことなく環境性能を高めることができる。リヤのサブトランク部分には増設したバッテリーと共に、小型のLPGボンベが組み込まれていた。

増設されたバッテリーは目的に応じて電圧もしくは電流の増大に用いる。電圧を高めればモーターの出力アップを実現するし、電流を増やせばEVモードでの走行距離アップやエンジンによる充電ロスの低減に役立つ。

さらには回生ブレーキの増大やルーフパネルへの太陽電池設置など、制御系のモディファイにも積極的。ドライブアシストやエネルギーコントローラなど、今後発売される電子アクセサリーも人気を集めそうだ。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京オートサロン10】豊田社長お気に入りのHV、3年以内に市場投入か? 画像 【東京オートサロン10】豊田社長お気に入りのHV、3年以内に市場投入か?
  • 【東京オートサロン10】ハイブリッド向けエコホイール…TWS 画像 【東京オートサロン10】ハイブリッド向けエコホイール…TWS
  • ホンダ インサイト/アコード、バッテリーが充電不足となるおそれ リコール 画像 ホンダ インサイト/アコード、バッテリーが充電不足となるおそれ リコール
  • ホンダ インサイト 改良新型、無限エアロパーツはスポーティながら落ち着いた雰囲気を演出 画像 ホンダ インサイト 改良新型、無限エアロパーツはスポーティながら落ち着いた雰囲気を演出

特集

おすすめのニュース