【デトロイトモーターショー10】トヨタが小型ハイブリッド…FT-CH

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ FT-CH
  • トヨタ FT-CH
  • トヨタFT-CH
  • トヨタFT-CH
  • トヨタFT-CH
  • トヨタFT-CH
  • トヨタFT-CH
  • トヨタFT-CH
  • トヨタFT-CH
米国トヨタは11日、デトロイトモーターショーにおいて、『FT-CH』を初公開した。コンパクトな5ドアハッチバックボディを持つハイブリッド専用車のコンセプトカーで、将来『プリウス』の派生車種として、市販される予定だ。

トヨタは2010年代前半までに、全世界で年間100万台のハイブリッド車を販売する方針。そのメイン市場は、北米と想定している。目標達成に向けて、トヨタは今後数年間に、8車種のハイブリッド車を投入。FT-CHは、その中の1台を示唆したコンセプトカーだ。

FT-CHのフォルムは、フランス・ニースに拠点を置くトヨタの欧州デザイン部門、ED2が担当。若い顧客をターゲットに、軽快なイメージの5ドアハッチバックボディを構築した。全長は3900mm、全幅は1720mm程度。プリウスと比較すると、560mm短く、25mmスリムだ。それでも室内には、大人4名に十分な空間を備えているという。

ハイブリッドシステムの詳細は公表されていないが、2次電池には昨年末に発表された『プリウス・プラグインハイブリッド』と同様、リチウムイオンバッテリーを搭載。同車はモーター単独での最大航続距離20km、最高速96km/h以上を実現しているが、パナソニックEVエナジー製の最新リチウムイオンバッテリーが、このFT-CHにも採用される。

トヨタは、米国では知名度の高いプリウスを独立したブランドに位置づけ、その派生車種として、このFT-CHをリリースする計画。FT-CHの市販時には、プリウスよりも安価な価格設定を予定している。ハイブリッド車の普及に向けて、トヨタが本腰を入れてきた証といえそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【デトロイトモーターショー10】明日開幕 ビッグ3復活なるか、日欧メーカーの動向は 画像 【デトロイトモーターショー10】明日開幕 ビッグ3復活なるか、日欧メーカーの動向は
  • ウェストフィールド、EVフォーミュラマシン開発 画像 ウェストフィールド、EVフォーミュラマシン開発
  • 【デトロイトモーターショー2021】完全屋外イベントに、全長2.4kmの特設サーキットも用意 9月開催 画像 【デトロイトモーターショー2021】完全屋外イベントに、全長2.4kmの特設サーキットも用意 9月開催
  • 【デトロイトモーターショー 2021】初夏から秋のショーに再変更、9月開催へ 画像 【デトロイトモーターショー 2021】初夏から秋のショーに再変更、9月開催へ

特集

おすすめのニュース