【東京モーターショー09】日産 GT-R 2010年モデルはUSB端子つき

自動車 ニューモデル モーターショー
日産GT-R
  • 日産GT-R
  • 日産GT-R
  • 日産GT-R
  • 日産自動車
東京モーターショーで展示されていた日産『GT-R』の2010年モデルは、サスペンションの見直し、ディフューザーの標準装着など走りに関するチューンが行われながら、価格が据え置きというのが特徴だ。

ほかにもいくつか特徴があるが、センターコンソールにUSB端子が装備されたこともそのひとつだ。これによって『iPod』などの接続が容易になることと、ノートPCなどを使ったカーナビの地図更新が旧モデルより簡単、短時間にもなったそうだ。

さらに、このUSB端子にはマルチファンクションメータなどに表示されるログデータも出力される。これをUSBメモリなどに保存し、ニスモが提供しているデーターロガーキットに接続すれば、PCなどでその表示、記録、解析が可能だそうだ。

ここまでくると、そのデータを無線LANか携帯電話で飛ばすと、新しいプローブシステムができそうだ。GT-Rの進化は止まらない。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京モーターショー09】日産 GT-R 一部改良…自身の走りをパソコンで解析 画像 【東京モーターショー09】日産 GT-R 一部改良…自身の走りをパソコンで解析
  • 日産、スポーツカー顧客対象にレーサー募集 画像 日産、スポーツカー顧客対象にレーサー募集

特集