【日産 スカイラインクロスオーバー 試乗】見てよし乗ってよし、ただタイヤが…河村康彦

試乗記 国産車
【日産 スカイラインクロスオーバー 試乗】見てよし乗ってよし、ただタイヤが…河村康彦
  • 【日産 スカイラインクロスオーバー 試乗】見てよし乗ってよし、ただタイヤが…河村康彦
  • 【日産 スカイラインクロスオーバー 試乗】見てよし乗ってよし、ただタイヤが…河村康彦
  • 【日産 スカイラインクロスオーバー 試乗】見てよし乗ってよし、ただタイヤが…河村康彦
  • 【日産 スカイラインクロスオーバー 試乗】見てよし乗ってよし、ただタイヤが…河村康彦
  • 【日産 スカイラインクロスオーバー 試乗】見てよし乗ってよし、ただタイヤが…河村康彦
ボディサイズがもう少し小さくて、エンジンももうちょい“非力”でも良いのにな…という思いは拭えないものの、それでも日産発、いや日本発による久々の「見てよし、乗ってよし」を感じさせる1台がコレ。

『スカイラインクロスオーバー』というちょっと安直(?)なネーミングも、分かりやすいといえば分かりやすいもの。でも、顔はマンマのスカイラインなのに、リアビューはそれを微塵も感じさせない全くの別物。「どうせだったら、やっぱりフロントマスクにももうひと捻りの新しさが欲しかった…」というのは、あくまでも個人的嗜好からの発言。

低中回転トルクが厚いのはありがたいものの、「高回転域での圧倒的パワー」はこのモデルには必要ないとさえ思えるレベル。ならば、そこは要らないからチューニングをもっと低回転寄りに振って日常シーンでのトルク感は同等に確保の上で、排気量は3リッターあたりまで落としてエコ性能を追求して欲しいもの。インテリアのムードや質感は日本車の中でも屈指の仕上がり。これでは本家のスカイラインの立つ瀬がないかも!?

ハンドリングの自在度などは「さすがはFRモデルならではのナチュラルさ」と唸らせる部分はあるものの、残念なのはオールシーズン・タイヤを履かされたゆえに中立からの切り始め部分の舵の正確性などに、その影響による鈍さを感じる場合がある事。『フェアレディZ』などとも同型の300psを遥かに超える最高出力を発する強心臓を搭載するのがスカイラインクロスオーバー。そんなモデルに、最後で“ゴム長靴”を履かせちゃダメっしょ!


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

特集