日産 スカイラインクーペ のアートカー…インフィニティ 20周年記念

自動車 ビジネス 企業動向

日産の高級車チャンネル、インフィニティは25日、カナダで『G37クーペ』(日本名:日産『スカイラインクーペ』)のアートカーを公開した。

このアートカーは、インフィニティブランドの誕生20周年を記念して製作。モントリオール在住の女性アーチスト、Heidi Tailleferさんが、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の世界観を表現した1台だ。

インフィニティは「シルク・ドゥ・ソレイユ」の公式スポンサー。シルク・ドゥ・ソレイユは、1984年にカナダに設立されたエンターテインメント集団で、サーカスにオペラやロックの要素を盛り込んだ独自のショーを全世界で公演している。今年で設立25周年を迎えた。

G37クーペには、シルク・ドゥ・ソレイユのサーカスをモチーフにした模様が描かれた。その製作には1か月の時間が費やされたという。Heidi Tailleferさんは、「インフィニティとシルク・ドゥ・ソレイユのアニバーサリーを祝福するのに、ふさわしい作品に仕上げたかった」と語っている。

このアートカーはカナダ国内のイベントなどで展示された後、チャリティオークションに出品される予定。アートカーといえばBMWのイメージが強いが、インフィニティのアートカーも、そのインパクトは強烈だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集