FIA、ルノーへの処罰発表…故意にクラッシュ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

FIA、ルノーへの処罰発表…故意にクラッシュ
  • FIA、ルノーへの処罰発表…故意にクラッシュ
  • FIA、ルノーへの処罰発表…故意にクラッシュ
FIAは21日、パリで臨時の世界モータースポーツ評議会を開催、ルノーF1チームと関係者の処分を発表した。元マネージンググディレクターのフラビオ・ブリアトーレは永久追放、チームも永久追放ながら執行猶予、など。

ルノーは2008年F1シンガポールGPでネルソン・ピケJrを故意にクラッシュさせ、同僚のフェルナンド・アロンソに有利なレース展開を図った。

ブリアトーレは無期限の追放(FIA監督下のいかなるイペントにも、いかなる形でも関与できない)、元エグゼクティブディレクター・オブ・エンジニアリングのパット・シモンズは5年間の追放、チームはF1から永久追放だが、関係者の処罰など問題解決に協力的であったことから、11年末までの執行猶予とされた。

ドライバーのピケは証言することと引き換えに不問とされた。今回の事件を起こしたのはブリアトーレ、シモンズ、ピケの3人だけで、アロンソら他のチームメンバーは関わっていないとされた。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集