マツダ デミオ 北米市場に投入へ…トヨタやホンダに追随

自動車 ビジネス 企業動向

マツダの米国子会社マツダ・ノース・アメリカン・オペレーションズ(MNAO)は、『Mazda2』(日本名『デミオ』)を2010年後半から米国・カナダに市場投入すると発表した。トヨタ自動車、ホンダもスモールカーを北米市場に導入、販売を伸ばしているため、マツダも追随する形になる。

オサリバンCEPは北米地域のディーラー会議で「顧客の強い要望があったMazda2の米国への導入については、真摯に検討を重ねてきた結果、米国でのコンパクトカーに対する需要の変化を受け、現在のラインアップで最もベーシックなモデルの『Mazda3』(アクセラ)よりもさらにコンパクトなモデルが必要であると確信した」と正式表明している。

北米仕様のMazda2は、2009年ロサンゼルスモーターショーにてデビューし、詳細仕様、装備、価格、発売時期は導入が近づいた段階で発表する予定。

北米市場はスモールカーの市場はこれまで無かったものの、ガソリン価格高騰に伴って需要が創出されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集