高速道路無料化でも二輪料金引き下げ求める…自工会

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会二輪車特別委員会の戸上常司委員長(ヤマハ発動機会長)は、16日、「二輪4社合同記者会見」において、高速道路無料化について、次のようにコメントした。

「高速道路無料化は実施されたとしても段階的無料化ということなので、当面先になりそうな話もある。引き続き二輪車料金の見直しを要望していく。特に、都市高速では普通車と同じ料金、NEXCO系高速道路でも軽自動車と同じ料金であり、二輪車の利用者にとっては高すぎる」

二輪車の高速道路料金が乗用車、軽自動車などと同一であることについて、オートバイユーザーの不満は大きい。高速道路会社は、料金収受員による料金所での渋滞などを理由に、料金の細分化が困難であると回答してきた。しかし、ETCが普及した現在も、高速道路料金そのものの見直しはない。

二輪車4メーカーは、毎年、高速道路各社に対して料金見直しを求めている。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集