【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
  • 【フランクフルトモーターショー09】VW L1、燃費世界一…72.46km/リットル
フォルクスワーゲンは14日、『L1コンセプト』を発表した。効率的なディーゼルハイブリッドを搭載し、エアロダイナミクスと軽量化に徹底的に取り組んだ結果、欧州複合モード燃費72.46km/リットル、CO2排出量36g/kmという、EVや燃料電池車を除いて、世界トップの環境性能を実現する。

フォルクスワーゲンは2002年4月、1リットルの燃料で100km走行できる超省エネの試作車『1リットル』を初公開。当時のピエヒ社長が自らステアリングホイールを握り、ヴォルフスブルクからハンブルクまでの約230kmを走行。約2.1リットルの燃料を消費しただけで、100km当たり0.89リットル(112.36km/リットル)という驚異的な燃費性能を実証した。今回発表されたL1コンセプトは、その進化形である。

パワートレインはターボディーゼル「TDI」に「Eモーター」と呼ぶ小型モーターを組み合わせたハイブリッドシステム。モーター単独、エンジン単独、モーター+エンジンの3つの走行モードを持つ、フルハイブリッド(いわゆるシリーズパラレル方式)である。

エンジンは0.8リットル直列2気筒TDI。これは欧州向けの『ゴルフ』や『ポロ』用の1.6リットル直4TDIの2気筒版だ。最大出力は27ps/4000rpm、最大トルクは10.2kgm/1900rpm。スポーツモードでは、最大出力は39psへ向上する。

最大出力14psの小型モーターは、エンジンと7速DSGの間にレイアウト。2次電池はリチウムイオンバッテリーを搭載する。アイドリングストップや回生ブレーキも装備された。この結果、L1コンセプトは燃費72.46km/リットル(100km当たり1.38リットル)、CO2排出量36g/kmという、EVや燃料電池車を除けば、世界トップの環境性能を達成。0‐100km/h加速14.3秒、最高速160km/h、最大航続距離670kmという実用性も兼ね備える。

世界一の環境性能を実現した大きな要因が、軽量化とエアロダイナミクスの徹底追求だ。ボディのほとんどがCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製。シャシーにもアルミが使われ、車体重量は380kgに仕上げられた。フォルクスワーゲンによると、この重量は1200ccクラスの2輪車と同等だという。

380kgの内訳は、ドライブトレインが122kg、シャシーが79kg、内装が35kg、電装系が20kg。残る124kgがボディ単体重量と、圧倒的に軽い。

エアロダイナミクスに関しては、2002年の1リットルと同様に車体前面の面積を減らすために、乗員が前後に座るタンデムシートを採用。L1コンセプトのボディサイズは全長3813×全幅1200×全高1143mm。全長は同社の小型車『フォックス』、全高はランボルギーニのスーパーカー『ムルシエラゴ』に近いが、4輪車で1200mmのナローボディは類を見ない。

リアタイヤはボディに隠され、アンダーフロアのフラット化も実施。これらの取り組みにより、空気抵抗を示すCd値は0.195を達成した。もちろん安全性も確保されており、エアバッグやABS、ESP、衝突安全ボディなどを採用する。乗降はガルウイングドアを開けて行い、運転席からの視界は180度の見晴らしが保たれるという。

驚くのは、フォルクスワーゲンがこのL1コンセプトを2013年には市販するとしている点。EVとは異なる究極のシティコミューターとして、欧州では受け入れられる可能性がありそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集