【チャレンジ三宅島09】石原都知事の次期レース構想

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【チャレンジ三宅島09】石原都知事の次期レース構想
  • 【チャレンジ三宅島09】石原都知事の次期レース構想
10月23日からスタートする「WERIDE チャレンジ三宅島 '09 モーターサイクルフェスティバル」(NPO法人三宅島スポーツ振興会/三宅村主催)を前に、名誉会長である石原東京都知事が、11日、次のバイクイベントの構想を語った。

「三宅島の土地の状況をうまく活用してやるとなると、公道レースはなかなか難しい」と公道レースを否定する一方で、「賞金をかけてやるような本当の競技を行うべき」と新しいレース構想を提言。

「かつての村営牧場の牧草地を改良することで、モトクロスというか(オフロードのような)実際にレースをやることを考えていかないと、(イベントは)長く続かない」と話した。

三宅島の村営牧場は、島の中心にある雄山(おやま)の中腹にあった。2000年の噴火で火山ガスが発生し、現在は立入禁止区域になっているが、石原都知事のアイデアは、雄山外輪山の土地を活用して、一時的にでもレースができないかということだ。

モーターサイクルフェスティバルは3年目を迎え、国内4メーカーの協賛を得た。島内観光を兼ねた大試乗会を実施するなど、新しい試みも始まっている。

ただ、石原都知事は「(車両を持ち込んで島内を)走る人はそれなりの快感があるだろうけど、それを眺めに東京から行く人はあまりいない。三宅島ならではのバイクイベントをどうするかということを考えないと」と苦言を呈した。
《中島みなみ》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集