マツダ CX-7 マイチェン…テーマは「洗練」

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ CX-7 マイチェン…テーマは「洗練」
  • マツダ CX-7 マイチェン…テーマは「洗練」
  • マツダ CX-7 マイチェン…テーマは「洗練」
  • マツダ CX-7 マイチェン…テーマは「洗練」
マツダは、スポーツカーとSUVの特長を融合させたクロスオーバーSUV『CX-7』をマイナーチェンジし9月8日から販売を開始した。

今回の改良では“洗錬”をテーマに、5角形ロアグリルをより強調したフロント外観にするとともに、メタル調の装飾を室内の各所に追加するなど、全体的に躍動感と上質感を強調した。

走行性能では、エンジン、変速機、ボディ、足回りなど幅広い領域を改良し、加速感や操縦安定性の向上を図ると同時に、エンジンの燃焼効率を改善して前モデルに比べて2%燃費を改善した。

また、重量の増加を抑えつつボディ剛性を強化するとともに、エンジンや路面からの騒音や、風騒音の抑制にも注力し、乗り心地や静粛性の向上を図った。

環境・安全性能では経済的な運転をサポートする燃費計やエコランプを新設するとともに、「リアビークルモニタリングシステム(RVM)」や「エマージェンシーシグナルシステム(ESS)」といった先進の安全装備も新たに採用した。

CX-7の機種構成はベースの「CX-7」と上級装備を採用した「CX-7 クルージングパッケージ」の2種類で、価格は295万 - 358万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集