【リコール】マツダ CX-7 など2万3000台、タカタ製エアバッグの不具合

自動車 ビジネス 国内マーケット
マツダ CX-7(2007年)
  • マツダ CX-7(2007年)
  • 改善箇所
マツダは11月25日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは、『CX-7』『アテンザ』の2車種で、2006年10月19日から2009年12月18日に製造された2万2928台。

助手席側エアバッグのインフレータ(ガス発生装置)において、ガス発生剤が湿気のある状態で長期間の温度変化にさらされると劣化することがある。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損して構成部品が飛散し、乗員が負傷するおそれがある。

全車両、当該インフレータを交換用部品が準備できた段階で、年式の古い車両から対策品と順次交換する。なお、交換用部品の準備に時間を要することから、部品が供給できない場合は、暫定措置として、助手席用エアバッグの機能を停止するとともに、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集