米マツダ、CX-7 をリコール…サスペンションに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
マツダ CX-7
  • マツダ CX-7
  • マツダ CX-7
マツダが、かつて販売していたSUV、『CX-7』。同車に不具合があるとして、米国でリコール(回収・無償修理)が行われる。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。マツダの米国法人、北米マツダから、CX-7に関するリコールの届け出を受けた、と発表している。

今回のリコールは、サスペンションの不具合が原因。NHTSAによると、CX-7のフロントサスペンションのボールジョイント部分に、塩分を含んだ水が入り込むことにより腐食し、ボールジョイントが脱落するおそれがあるという。

リコールに該当するのは、2007-2012年モデルのCX-7。主に米国で融雪剤を多く散布する地域において販売された19万0102台が、リコールに該当する。

北米マツダは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店においてフロントサスペンションのロワコントロールアームを交換するリコール作業を実施する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集