[GOOD DESIGN EXPO 09]エネループバイク…同じデザインか、新しい乗り物か

自動車 ビジネス 企業動向

[GOOD DESIGN EXPO 09]エネループバイク…同じデザインか、新しい乗り物か
  • [GOOD DESIGN EXPO 09]エネループバイク…同じデザインか、新しい乗り物か
  • [GOOD DESIGN EXPO 09]エネループバイク…同じデザインか、新しい乗り物か
  • [GOOD DESIGN EXPO 09]エネループバイク…同じデザインか、新しい乗り物か
  • [GOOD DESIGN EXPO 09]エネループバイク…同じデザインか、新しい乗り物か
  • [GOOD DESIGN EXPO 09]エネループバイク…同じデザインか、新しい乗り物か
8月29日東京ビッグサイトのグッドデザインエキスポ会場内で、グッドデザインエントリー作品である三洋電機の電動ハイブリッド自転車エネループバイクの公開プレゼンテーション審査が行われた。

プレゼンテーターは三洋電機アドバンストデザインセンター IID Design Labo. のデザインディレクター、田中庸介氏。審査員はインダストリアルデザイナーの山村真一氏、木村徹氏、そして、ロボットデザイナーの松井龍哉氏の3名。

三洋電機が開発した使い捨てでない電池「エネループ」、その電池技術を使って『エネループバイク』を製品化した。

三洋電機バドミントンチームの潮田玲子選手もプレゼンテーションVTRで「初めて乗ってみてこんなに楽だとは思いませんでした。デザインも電動自転車はモーター等が付いていてごついというイメージでしたがこれはかわいい。おしゃれに乗りこなせると思います。練習した後に(普通の自転車に)乗ると足がきついのでこれは楽で乗りたいと思いました」と乗りやすさをアピールしていた。

審査員からは「なぜ普通の自転車のモチーフを新しい技術にはめ込んでいるのか。実際に見た消費者は普通の自転車と同じものを想像し、イコール、同じ値段を想像する。高額商品なのに低額と同じデザインをしているので戸惑うのでは。今後は、新しいデザイン展開も考えては」とサジェスチョンがあった。

田中氏は、「今回は、出来るだけ電動ハイブリッド自転車と分からないようにデザインした。今後はそういう方向も考えたい」と回答した。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集