【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」

自動車 ニューモデル 新型車
【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
  • 【レクサス HS250h 発表】豊田社長「環境とワクワク感の調和」
豊田章男社長にとっては就任後初めての新車発表会となった。司会者との対話方式のセッションに登場した豊田社長は、「クルマ大好きドライバーの立場」から『HS250h』を2つの点でアピールした。

第1がレクサスブランドにとっては、初めてのハイブリッド専用車であり「環境とワクワク感の調和」だと指摘。車名の「HS」は「ハーモニアス・セダン」の略であり、環境と走行性能の調和を追求したという。

もうひとつは「日本の道に合ったサイズ感と重さ感」。クルマは「道がつくる」が豊田社長の持論。日本の道としっくり行くよう、レクサスのセダンとしてはややコンパクトに仕上げた。

豊田社長は「最近のクルマはちょっと大きくなってきた」と反省の弁も。ちなみにプラットフォームはトヨタ『プリウス』や同『オーリス』などと共通化しており、レクサスのセダンでは初のFF方式。

その分軽量化でき、燃費も10・15モードで1リットル当たり23kmとコンパクトカー並みの環境性能を実現している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集