メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明
  • メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明
  • メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明
  • メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明
  • メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明
  • メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明
  • メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明
ダイムラーは、開発中のメルセデスベンツ『SLS AMG』の追加ティーザー写真を公表した。3度目となる今回のティーザーからは、ガルウイングドアの詳細が見えてきた。

SLSは、メルセデスの名車中の名車といわれる1954年発表の『300SL』を、現代の技術で甦らせたスポーツカー。デザインからメカニズムまで、AMGが一貫して開発を手がけた最初のモデルで、300SLの特徴的なガルウイングドアも受け継がれている。

エンジンは『63AMG』シリーズでおなじみの6208ccV8。しかし、ドライサンプ方式への変更などの専用チューンを受け、最大出力571ps/6800rpm、最大トルク66.3kgm/4750rpmを発生する。エンジンは低重心化のため、フロントアクスル後方の低い位置、フロントミッドシップにレイアウト。トランスミッションはリアアクスルに配置するトランスアクスル方式とした。トランスミッションは、AMGが新開発したデュアルクラッチ7速2ペダルMT、「AMGスピードシフトDCT-7」だ。

SLSはオールアルミスペースフレーム構造を採用。ボディにもアルミがふんだんに使用され、トータル重量は約1620kgに抑えられた。前後重量配分は48対52と理想的。そのおかげで、0-100km/h加速3.8秒、最高速315km/hという圧倒的パフォーマンスを実現している。

今回のティーザー写真では、注目のガルウイングドアの構造が判明。ルーフ部分から大きく開き、かつての300SLの特徴が巧みに再現されていることがわかる。また、シート地上高は369mmと低いが、サイドシルの厚みはそれほどでもなく、乗降性は良好なようだ。ガルウイングドアは70度の角度で上方へ開く。ドアを開けた時の高さが一般的なセダン並みの1500mmというから、SLSの全高は1100mm程度と異例に低いことになる。

航空機のコクピットがモチーフのインテリアは、2回目のティーザーで公開済みだが、今回ダイムラーは新アングルの写真を公表。斬新でありながら、非常に高いクオリティを実現しているのが見て取れる。「Eセレクト」と呼ばれるシフトレバーは操縦桿を思わせる形状で、インパネのベンチレーションは、航空機のエンジンをイメージさせる。

シートやドアトリム、アームレストにはハンドメイドで縫製された「デジーノ」レザーを採用。上質なナッパレザーが使われ、カラーはブラック、クラシックレッド、ホワイト、サンド、ライトベージュの5色を設定した。今回公表された写真からは、専用スポーツシートの5つのカラーが確認できる。

SLS AMGは、9月のフランクフルトモーターショーで正式発表され、2010年春に市販される。これでSLS AMGの残されたシークレットは、そのエクステリアのみとなった。
《森脇稔》
【画像】メルセデスベンツ SLS AMG…ガルウィングの構造が判明(6枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース