【トヨタF1】トゥルーリ、幻の表彰台に

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

開幕戦オーストラリアGPで3位表彰台に登るパフォーマンスを見せたトヨタのヤルノ・トゥルーリだったが、残念ながらレース後にリザルトが修正されて4位に降格してしまった。

オーストラリアGPスチュワードはレース終盤、トゥルーリがセーフティーカー導入中に、コースオフして一度ルイス・ハミルトン(マクラーレン)に譲ったポジションを取り戻した件をオーバーテイクと判断。トゥルーリに25秒をペナルティとして加算した。結果、トゥルーリはポイント圏外の12位でフィニッシュしたことに。代わって3位にはハミルトンが入った。

またスチュワードはレース終了直前にロバート・クビサ(ザウバー)と接触したセバスチャン・ベッテル(レッドブル)にもペナルティを下した。ベッテルは次回マレーシアGPで10グリッド降格と5万ドルの罰金を支払うこととなった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集