【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ

自動車 ニューモデル モーターショー

【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
  • 【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
  • 【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
  • 【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
  • 【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
  • 【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
  • 【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
  • 【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
  • 【バンコクモーターショー09】インサイト 顔のホンダ シティ
タイでは、『シティ』と呼ばれるホンダ車が走っている。しかし、2ボックスカーではない。コンパクトな4ドアセダンだ。種を明かせば、このセダンは『フィット』をベースに4ドアセダン化したモデル。タイで現地生産されている。

日本では先代フィットをベースにしたモデルを「フィットアリア」として販売していた(日本仕様もタイで製造していた)が、現在はラインナップから落ちている。本国では新型フィットをベースとした新型にバトンタッチしているのである。

エンジンは1.5リットル。ベーシックグレードのみ5速MTも選べるが、基本は5速ATとの組み合わせとなる。また、先代に用意されていた後席座面の跳ね上げ機構は廃止され、かわりに厚いクッションとリクライニング機能が採用されている。

価格は、ベースグレードが52万40000バーツ(約145万円)、最上級グレードでは69万4000バーツ(約191万円)。参考までに、タイの大卒初任給は日本円にして約5万円程度だ。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集