【プリウス プロトタイプ 試乗】モトを取れるか抜きにして…岡本幸一郎

試乗記 国産車

これまでトヨタ『プリウス』というクルマに対して、燃費がいいのは確かだが、車両価格に含まれるハイブリッドシステムの上乗せ分を、燃料代でリカバリーするのは至難の業だし、ハンドリングもあまりよろしくないし、デザインも好みでなかったりと、けっこう否定的に見ていた。ところが、プロトタイプに乗ったところ、ネガティブな要素の多くが払拭されていることがわかった。

従来は、重さを感じるし、足まわりは爪先立ちのような感覚だったところが、『オーリス』系のプラットフォームが与えられた恩恵で、操縦安定性が格段に増している。いわば、これまでが「ハイブリッドのわりにはまあまあ」という印象だったところが、「走りのいいコンパクトセダンで、実はハイブリッド」という感じ。燃費や加速性能ついても、予想以上に磨きがかけられている模様。実際に公道を走ったときにどう出るのか、非常に楽しみだ。

従来の延長上ながら洗練度を深めたスタイリングも好み。これまでプリウスを買おうと思ったことはなかったが、新型には燃費でモトを取れるかどうかを抜きにして、ちょっと食指が動きはじめている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

岡本幸一郎|モータージャーナリスト
ビデオマガジン『ベストモータリング』の制作、自動車専門誌の記者を経てフリーランスに転身。新車から中古車、カスタマイズ事情からモータースポーツ、軽自動車から輸入高級車まで、幅広い守備範囲を誇る。「プロのクルマ好き!」を自負し、常にユーザー目線に立った執筆を心がけている。
《岡本幸一郎》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集