携帯で検索した位置情報をカーナビで利用…トヨタ、KDDI、ナビタイムが開発

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

携帯で検索した位置情報をカーナビで利用…トヨタ、KDDI、ナビタイムが開発
  • 携帯で検索した位置情報をカーナビで利用…トヨタ、KDDI、ナビタイムが開発
KDDI、トヨタ自動車、ナビタイムジャパンは23日、携帯電話で検索した位置情報をBluetooth通信によりカーナビに転送し、カーナビと携帯電話をシームレスに利用できるプラットホームを開発したと発表した。

携帯電話であらかじめ検索した最新のドライブスポットの情報を、車に乗り込みカーナビに転送するだけで簡単に目的地として設定でき最適なルート案内でドライブを楽しむことができる。

汎用性を高めるため、携帯からカーナビへの通信技術として広く搭載されているBluetoothのOPPプロファイルを採用するとともに、位置情報を表示するファイル形式として国際標準規格であるKML方式を採用した。転送される位置情報を保護するため携帯から送信可能なカーナビを限定する認証機能を搭載した。

同プラットホームを活用し、au携帯電話の歩行者向けナビサービス「EZナビウォーク」などで検索した情報をトヨタ純正カーナビに転送するサービスの提供も検討しており、2009年上期に導入する予定。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集