トヨタ、8部門中4部門制覇 耐久品質・ライトトラック…JDパワー

自動車 ビジネス 企業動向

米国の民間調査会社、JDパワー&アソシエイツ社は19日、『2009年米国自動車耐久品質調査』の結果を公表した。MAV(マルチアクティビティビークル=SUVやピックアップトラック、ミニバン)カテゴリーでは、トヨタが8部門中4部門で1位と、高い評価を獲得している。

この調査は新車購入から3年経過した時点で、顧客に愛車の耐久品質について質問。質問内容は、走行性能、エンジン、トランスミッションなど9項目に分かれており、顧客が実際に体験した車両のトラブルを指摘。今回は2006年モデルを新車で購入した顧客を対象に、2008年10月に調査を行い、4万6000名以上から回答を得ている。

MAVカテゴリーの各部門ベスト3は、以下の通り。

コンパクト
1. ホンダ『エレメント』
2. ホンダ『CR-V』
3. 三菱『アウトランダー』

ミッドサイズ
1. トヨタ『ハイランダー』(日本名:『クルーガー』)
2. トヨタ『4ランナー』(日本名:『ハイラックスサーフ』)
3. ビュイック『レイニアー』

ラージ
1. トヨタ『セコイア』
2. シボレー『タホ』
3. フォード『エクスペディション』

ラージピックアップ
1. トヨタ『タンドラ』
2. フォード『F-150』
3. GMC『シエラ』

ミッドサイズピックアップ
1. フォード『レンジャー』
2. ホンダ『リッジライン』
3. トヨタ『タコマ』

バン
1. ダッジ『キャラバン』
2. フォード『フリースター』
3. トヨタ『シエナ』

ミッドサイズプレミアム
1. レクサス『GX470』(日本名:トヨタ『ランドクルーザープラド』
2. アキュラ『MDX』
3. レクサス『RX』(日本名:トヨタ『ハリアー』)

ラージプレミアム
1. リンカーン『マークLT』
2. ランドローバー『レンジローバースポーツ』
3. リンカーン『ナビゲーター』

トヨタが全8部門中、4部門で首位となった。この4台の100台当たりの不具合指摘件数(PP)は、ハイランダーが107、セコイアが163、タンドラが110、レクサスGX470が115。乗用車カテゴリーのレクサス『LS430』の61には及ばないものの、高い耐久品質をうかがわせる。

今年の耐久品質調査では、トヨタは乗用車、ライトトラックの全19部門で、10モデルが首位という好結果となった。米国トヨタ販売のジム・レンツ社長は、「我々はこの結果に大変喜んでいる。顧客と販売店の双方にとても有益な情報だ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集