パイオニアと三菱電機、カーナビ事業で提携か

モータースポーツ/エンタメ 出版物

読売新聞によると、電機大手の三菱電機とパイオニアが14日、カーナビゲーションシステムなど車載機器分野で事業統合をにらんだ提携協議に入った、と報じている。

パイオニアはさらに、次世代の高速無線カーナビの開発を視野に、他の複数のメーカーにも部分的な協業について打診を始め、早ければ月内の合意を目指す、としている。

パイオニアは、09年3月期連結決算で税引き後利益が1300億円の赤字に転落する見通しで、期末配当も無配に転落と、景気の悪化やディスプレイ事業撤退による構造改革費用などの影響で、業績が急速に悪化している。

パイオニアの『カロッツェリア』ブランドは国内シェアトップの30%を占めるだけに、2社の事業提携の影響は車載機器業界の再編に大きな波紋を及ぼすことになりそうだ。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集