ソフトバンクモバイル、通信カーナビ『みんナビ』の試験販売を開始

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ソフトバンクモバイルは、『AirNavi(エアーナビ) AVIC-T10』および『AVIC-T111SB』(通称『みんナビ』)の両機種をテスト販売を開始した。販売店舗はソフトバンクショップ表参道店と名古屋店の2店舗のみで、期間は12月28日まで。台数の限定は設けていない。みんナビはパイオニア製のポータブル通信ナビ『AVIC-T10』のOEM版。

エアーナビとみんナビとは、基本的に同一の仕様だが、唯一にして最大の違いは通信機能。エアーナビは背面に装着する通信モジュールを利用するが、みんナビには通信モジュールは用意されず、ソフトバンクケータイのBluetooth経由で通信する。みんナビとヒモづけられたソフトバンク携帯電話との通信は、PCサイトビューア利用時のパケット扱いとなり、「パケットし放題」を契約すれば、通信料の下限は 1029円、上限は5985円となる(これに別途通話料が必要)のがポイントだ。

みんナビの本体価格は4万9800円。ソフトバンクの携帯電話と同時購入すれば、割賦支払いが利用できる。携帯電話の機種により支払額は変わってくるが、たとえば913SHを新規で購入の場合、月月割(旧名:新スーパーボーナス)の加入で電話本体の実質負担額は0円となる。これにより支払うのはナビ本体の費用だけとなり、月額負担はみんナビで2075円だ。ソフトバンクユーザーならば機種変更でも購入できる。

同時購入可能な端末は922SH、920SH、921SH、821SH、820SH、 813SH for Biz、920SC、913SH、823SH、814SH、815SH、816SH、812SH、812SHs IIだ。このうち920SC、913SH、823SH、816SH、812SH、812SHs IIは月月割の加入で電話本体の実質負担額0円で提供される。

店頭ではみんナビと並んでエアーナビの販売も行われている。エアーナビの価格は5万9760円だが、ソフトバンクショップで利用できる5000円分のクーポン券がプレゼントされる。2年割賦払いが選択可能で、その場合は2490円の24回払いとなる。ソフトバンクショップでエアーナビを購入しても、通信モジュールの契約は必須ではない。

テスト販売に参加しているソフトバンク表参道店および名古屋店のみ(営業時間10時 - 21時)だが12月からは取り扱い店舗が増える予定。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集