【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場

自動車 ニューモデル モーターショー

【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
  • 【ロサンゼルスモーターショー08】マツダ アクセラ 新型…まずはセダン登場
マツダは19日、新型『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)を披露した。新型はアクセラとしては2代目。まずは4ドアセダンがデビューを飾った。

新型のコンセプトは「走りの爽快感を極めたエキサイティングスポーツコンパクト」。定評ある運動性能にいっそうの磨きをかけるとともに、内外装の質感向上など、グローバルセダンにふさわしい素質が追求された。

外観はマツダらしさが感じられるデザイン。シャープな形状のヘッドランプや大きな開口部を持つ5ポイントグリルが個性を主張している。リアはショート&ハイデッキのスタイル。『マツダ6』(日本名:『アテンザ』風のテールランプが目を引く。

ボディサイズは全長4590×全幅1755×全高1470mm。現行型と比較すると、110mm長く、10mmワイド、5mm背が高い。ホイールベースは2640mmで変更はない。

内装は各部の素材を見直して質感を向上。洗練かつスポーティな雰囲気にまとめた。独立2連式メーター、最上段に配置されたマルチインフォメーションディスプレイなど、ドライバーの見やすさを追求。エンジンスタートはボタン式を採用する。シートはクッション性やサポート性が改良された。

エンジンは2機種。2リットル直4は最大出力148ps、最大トルク18.7kgm。北米仕様のマツダ6と共通の2.5リットル直4は最大出力167ps、最大トルク23.2kgmを発生する。ミッションは5速MTと5速ATで、2.5リットルのMTは6速となる。日本仕様では2リットルよりも排気量の小さいエンジンが用意されるはずだ。

シャシー関連ではボディ剛性のアップ、電動油圧式パワーステアリングのチューニング見直し、前ストラット/後ろマルチリンクのサスペンションの最適化、新バキュームブレーキの採用などのメニューが実施された。もちろん、安全装備の充実も図られている。

新型アクセラは4ドアセダンに続いて、5ドアハッチバックが追加予定。5ドアにはスポーツ仕様の『マツダスピード』がスタンバイしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集