【リコール】日野 セレガのターボ翼 欠損のおそれ

エコカー 燃費

日野自動車は18日、大型観光バス『セレガ』のターボに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2005年8月26日 - 2006年6月28日に製作された548台。
 
原動機の可変ノズル付過給器のタービン翼強度が不足しているため、高回転域での共振により、タービン翼が破損し、白煙の発生および出力不足になり、運行できなくなるおそれがある。

全車両、過給器を対策品と交換するとともに、制御プログラムを書き換える。

不具合発生件数は30件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集