【インターナビ 新機能】一番お得なのはスマートルート

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【インターナビ 新機能】一番お得なのはスマートルート
  • 【インターナビ 新機能】一番お得なのはスマートルート
  • 【インターナビ 新機能】一番お得なのはスマートルート
9月5日に発表が予定されている新型『レジェンド』以降の純正カーナビで順次採用される「インターナビ・ルート」は、カーナビ単体ではなく、高性能なサーバーで計算したルートを通信経由でカーナビに送るという方式を取る。

提供されるインターナビ・ルートは、サービス開始時点では5種類。目的地までの燃料消費量やCO2排出量を最も低減する「省燃費ルート」、ETC利用による通行料金割引を最大限に活用する「ETC割引ルート」、目的地まで最速所要時間での到達を目指す「最速ルート」と、その一般道優先バージョンである「最速一般道優先」、そして総合的に“お得”なルートを出す「スマートルート」となっている。

最近の世相を反映しているのは、やはり「省燃費ルート」だろう。これはインターナビ装着車両から収集した走行速度や加減速、燃料消費量を道路の区間ごとに数値化し、ルート設定を行った際に「最も燃費が安く、かつCO2排出量の少ないルート」を選ぶというもの。参照するデータは膨大なものとなるが、高性能なサーバーは瞬時にこれを計算する。燃費が優先されるため、目的地までの到達時間であるとか、通行料金の必要な道路を選ぶことがある(高速道路は燃費やCO2排出量に影響を与えるストップ&ゴーが少ない)という点には注意が必要かもしれない。

インターナビ推進室の野川忠文さんによると、「スマートルートが最もお勧めです」と説明する。経済性と所要時間のバランスが取られており、あらゆる意味でこれが最もお得感があるという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集