ケンウッド、AVコントロールセンターを商品化…ビクターと初の共同開発

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ケンウッド、AVコントロールセンターを商品化…ビクターと初の共同開発
  • ケンウッド、AVコントロールセンターを商品化…ビクターと初の共同開発
ケンウッドは、日本ビクターとの技術開発合弁会社「J&Kテクノロジーズ」が、デジタル映像・音声信号の伝送・処理を行うHDMI/DSPモジュールを開発。この共同開発技術を採用した製品となるAVコントロールセンター(ホームシアター用AVアンプ)を商品化する。

ビクターとケンウッドは、2008年10月1日付で共同持株会社「JVC・ケンウッド・ホールディングス」を設立し、経営統合する計画。

J&Kテクノロジーズは、両社の経営統合に先立って両社共通事業であるカーエレクトロニクス事業、ホームオーディオ事業で、共同技術開発によるシナジー効果を具現化するために、対等出資で2007年10月1日に設立された技術開発合弁会社。

ナビ・エンジンやカーマルチメディア、カーオーディオ、ホームオーディオなどにおけるプラットホームやモジュールの開発をテーマに、両社から約130人の開発要員を派遣して競争力の高い技術・商品の共同開発を進めている。

今回開発したHDMI/DSPモジュールは、J&Kテクノロジーズの技術開発テーマの一つであり、ケンウッドブランドのAVコントロールセンターが両社による共同開発技術を採用した初めての商品となる。

HDMI/DSPモジュールの新規設計では、ケンウッドの持つデジタル高音質技術と、ビクターの持つ高い映像技術、デジタル処理技術を相互に投入し、高精細なデジタル映像伝送と音声の取り込みを可能とするHDMIへの対応、高密度な音声信号処理の実現を目指した。

相互の持つ技術資産を融合させることで、Blu-ray Discにも対応した新しいAVプラットホームの構築を可能とした。

ケンウッドでは、このHDMI/DSPモジュールに、欧州市場で培ったサラウンド、ステレオ双方で高音質再生を実現するアンプ部を組み合わせたAVコントロールセンターを、8月末からドイツ・ベルリンで開催されるIFA2008に出品し、国内および海外で今秋から順次発売する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集