【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ

自動車 ニューモデル 新型車

【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】居心地の良さ
ダイハツの新型軽トールワゴン『ムーヴ・コンテ』(25日発表)が目指したのは“居心地の良さ”。それを実現させるべく、快適性を高めるための様々な装備が与えられている。

フランス人女性デザイナーが手がけたプレミアムソファーシートは、シートのショルダー部をしっかりと張り出させるとともにシート全体にボリューム感を持たせ、快適な乗り心地を実現。シートフレームには電動スライド機構とポジションメモリー機能が組み込まれた電動パワーエントリーシートも用意され、乗降のしやすさが高められている。

フロントウインドウはダイハツ初採用となるIRカットガラス。太陽光の赤外線をカットし、運転中に直射日光を浴びても暑くならないというスグレモノだ。日焼け防止のための紫外線吸収ガラスは全面に採用されている。

静粛性の向上にも気が配られている。ボディ構造の見直しによってタイヤからボディに伝わる振動を大幅に低減し、さらに防振材を最適配置することで、軽自動車のなかでは静粛性が高いと評されている『ムーヴ』よりさらに静かになっているという。エンジン音、風切り音の低減対策も徹底的に行われている。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集