日産、全方位運転支援システムを開発…ぶつからないクルマを目指して

エコカー 燃費

日産、全方位運転支援システムを開発…ぶつからないクルマを目指して
  • 日産、全方位運転支援システムを開発…ぶつからないクルマを目指して
  • 日産、全方位運転支援システムを開発…ぶつからないクルマを目指して
  • 日産、全方位運転支援システムを開発…ぶつからないクルマを目指して
日産自動車は5日、車線変更時の運転支援システム「サイドコリジョンプリベンション」、後退時における運転支援システム「バックアップコリジョンプリベンション」を世界で初めて開発した。

すでに市販化した「ディスタンスコントロールアシスト」、「レーンデパーチャープリベンション」とあわせ、車両の全方位に対する運転支援システムを搭載したプロトタイプを公開した。

日産は、運転の主体は人であるという視点に立ち、表示や音に加え、ドライバーに直感的に感じられる運転操作の支援を行うことに主眼に置いて先進的な安全技術の開発に注力している。

今回開発した新技術サイドコリジョンプリベンションは、車両後側方に設置したサイドセンサーで隣接レーンの車両を検知。隣接レーンに車両が存在するときにドライバーがレーンチェンジを開始すると、表示と音によりドライバーに警報するとともに、各輪のブレーキを個々に制御することでヨーモーメント(車両の旋回力)を発生させ、隣接の車両に近づけないようドライバーの運転操作を支援する。

また、バックアップコリジョンプリベンションは、車両後部に設置したリヤセンサーおよびサイドセンサーにより周囲の障害物を検知する。駐車場をバックで出る際などの後退時に接近する障害物を検知すると、警報とともにブレーキを制御し、障害物に近づけないようドライバーの運転操作を支援する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集