【F1ハンガリーGP】サーキットデータ…予選順位が大事

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1ハンガリーGP】サーキットデータ…予選順位が大事
  • 【F1ハンガリーGP】サーキットデータ…予選順位が大事
  • 【F1ハンガリーGP】サーキットデータ…予選順位が大事
美しい都、ブダペスト近郊に位置するハンガロリンクで行われるハンガリーGPは東ヨーロッパ唯一のグランプリ。全長が短く、中低速コーナーが多いため、平均時速もそれほど速くない。また、抜きどころが極端に絞られるために、予選順位が非常に大事でもある。

2006年には雨で荒れたレースを制し、ジェンソン・バトン(ホンダ)が初優勝。昨年はフェルナンド・アロンソ、ルイス・ハミルトンのチームメイト同士の争いが火花を散らすなど、見逃せない闘いを演出している。

ハンガリーGP
●決勝:3日

ハンガロリンク
●コース全長4.381km
●周回数:70周
●レース距離:306.458km
●コースレコード:1分18秒436
/ 2004年 バリケロ(フェラーリ)
●決勝ベストラップ:1分19秒071
/ 2004年 M. シューマッハ(マクラーレン)

2007年結果
●ポールポジション:ハミルトン(マクラーレン)
/ 1分19秒781
●優勝:ハミルトン(フェラーリ)
/ 1時間35分52秒911
●ファステストラップ:ライコネン(フェラーリ)
/ 1分20秒047
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集