ホンダ、マレーシアでの二輪事業体制を再編

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダは、マレーシアでの二輪事業の生産と販売機能を集約して、合弁会社Boon Siew Honda(文秀ホンダ)を9月に設立することで、オリエンタル・ホールディングス(OH)と合意し、合弁契約書に調印した。

現在、ホンダはマレーシアでの二輪車卸販売を文秀有限公司(BSW)に、二輪完成車の組み立てを、OHが100%出資するカーアセンブラーズがBSWから委託を受けている。

ホンダは、OH保有のカーアセンブラーズ株式の半数の譲渡を受け、ホンダが50%、OHが50%出資する合弁会社を設立する。資本金は250万マレーシアリンギット(約8300万円)。2009年1月には、卸販売機能をBSWから新会社の文秀ホンダに移管し、生産・販売機能を一体化したオペレーションとする予定。アセアン域内のホンダ各社との連携を視野に入れ、競争力の強化を図り、顧客サービスの向上を目指す。

マレーシアの二輪車総市場は2007年が46万8000台で、前年比6%増となり、2008年には52万台にまで成長することが予想されている。ホンダはマレーシアでの二輪事業の発展を目指し、多様な顧客ニーズに迅速に対応できる運営体制を構築する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集