はとバス、ハイブリッドバスを導入

エコカー 燃費

はとバス、ハイブリッドバスを導入
  • はとバス、ハイブリッドバスを導入
はとバスは、大型観光バスのハイブリッドモデル、日野『セレガハイブリッド』を6月下旬、4台導入すると発表。同車両は7月19日から『ツアートレーサー』を搭載して都内定期観光コースで運用を開始する。

今回のハイブリッドバス導入は、来月開催される「北海道洞爺湖サミット」や、同社創業60周年を記念した、フラッグシップ事業として実施される。

グリーン購入法施行から7年が経過するが、ユーザーが価格、品質、利便性のほか、環境にも配慮した製品やサービスを購入条件に加える消費傾向が高まる中、同社でも環境負荷の小さい車両へのニーズが拡大する兆しがある。

今回導入する日野自動車のセレガハイブリッドは、新長期排出ガス規制に適合し、国土交通省低排出ガス重量車「NOx&PM10%削減」の認定を受けている。特にPMは規制値に対して50%低減を実現、同時に2015年度燃費基準を達成している。

日野自動車独自のパラレル方式ハイブリッドシステムを搭載、通常のエンジン搭載車と比較し、窒素酸化物、炭化水素、一酸化炭素、二酸化炭素の排出量を大幅に削減する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集