【F1カナダGP】サーキットデータ…ストップ&ゴー

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1カナダGP】サーキットデータ…ストップ&ゴー
  • 【F1カナダGP】サーキットデータ…ストップ&ゴー
  • 【F1カナダGP】サーキットデータ…ストップ&ゴー
  • 【F1カナダGP】サーキットデータ…ストップ&ゴー
カナダ東部に位置するモントリオール市内にあるカナダGPの舞台は、カナダ出身の伝説のドライバー、ジル・ビルヌーブの名前を冠した風光明媚なサーキット。

典型的なストップ&ゴータイプのサーキットで、ストレートラインのスピードとブレーキングスタビリティとのバランスが大きな鍵を握る。

昨年はBMWザウバーのロバート・クビサの大クラッシュや、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)の初優勝など記憶に残るレースを演出した。


サーキット・ジル・ビルヌーブ
●コース全長 4.361km
●周回数:70周
●レース距離:305.270km)
●コースレコード:1分12秒275
2004年 R. シューマッハ(ウィリアムズ)
●決勝ベストラップ:1分13秒622
R.バリケロ(フェラーリ)

2007年結果
●ポールポジション:ハミルトン(マクラーレン)
1分15秒707
●優勝:ハミルトン(マクラーレン)
1時間44分11秒292
●ファステストラップ:アロンソ(マクラーレン)
1分16秒367
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集