【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも

自動車 ニューモデル 新型車

【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも
  • 【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも
  • 【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも
  • 【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも
  • 【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも
  • 【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも
  • 【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも
  • 【ホンダ フリード 発表】ライバルはひとクラス上のミニバンも
ホンダが5月29日に発表した『フリード』は、サイズはコンパクト、室内は大人が3列しっかり座れる余裕の空間が魅力の新型コンパクトミニバンとして打ち出された。同車の開発陣は、ライバルが存在しない、新しいミニバンのカテゴリを創出したクルマと位置づけるが、事実上はひとクラス上のミニバン勢をライバルとして視野に入れているという。

本田技研工業、四輪営業統括部営業開発室商品企画ブロックチーフの北條毅氏は、「フリードは外見やサイズでいうとコンパクトクラス。そこで考えると、ライバルはトヨタ『シエンタ』、日産『キューブキュービック』という“コンパクト3列”になる。また、室内の広さで考えると、ひとクラス上のミニバン勢と一緒、もしくは同等以上のクルマと位置づけられる。つまりトヨタ『アイシス』やマツダ『プレマシー』をライバルとして視野に入れている」と語った。

さらに北條氏は、フリードがコンパクト3列市場の既成のクラスに納まらない存在であることを強調した上で、「外はコンパクト、中はミドルクラス以上というクルマは、このクルマ以外は存在していないと考えている。だから真っ向勝負するライバルはいない」と自信を込めた。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車見積りのトップページはこちらから
新車見積りトップページのURLをメールで送る。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集