トヨタ アベンシス など11車種3万6000台、走行中にエアバッグが開くおそれ リコール

トヨタ・アベンシス(2003年)
  • トヨタ・アベンシス(2003年)
  • トヨタ・アベンシスワゴン(2003年)
  • トヨタ・シエンタ(2003年)
  • 改善箇所

トヨタ自動車は11月1日、『アベンシス』など11車種3万6002台のエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『アベンシス』『アベンシスワゴン』『シエンタ』『ウィッシュ』『アイシス』『カローラ』『カローラランクス』『カローラフィールダー』『カローラスパシオ』『イスト』『アレックス』の11車種で、2003年1月8日~2015年6月25日に製造された3万6002台。

エアバッグコントロールユニットにおいて、電気ノイズの影響に対する検討が不十分なため、ノイズ耐力が不足しているものがある。そのため、車両の電装部品から発生するノイズにより、使用過程で当該ユニット内のICチップが損傷し、最悪の場合、走行中にエアバッグが展開するおそれがある。

改善措置として、全車両、エアバッグコントロールユニットを対策品に交換する。

不具合は4件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集