【F1モナコGP】サーキット…ドライバーの度胸と腕を試す

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1モナコGP】サーキット…ドライバーの度胸と腕を試す
  • 【F1モナコGP】サーキット…ドライバーの度胸と腕を試す
  • 【F1モナコGP】サーキット…ドライバーの度胸と腕を試す
ルマン24時間耐久、インディ500と並び、世界三大レースと称されるモナコGP。開催時期には隣町でもあるカンヌで映画祭も開催され、毎年華やかなゲストも集う世界一グラマラスなレース。

モンテカルロ市内の公道を利用して行われるレースは道幅が狭く、一瞬たりともミスが許されない。ドライバーの度胸と腕が試されるだけに、ドライバーからも絶大な人気を誇っている。事実上、コース上でのオーバーテイクは不可能と言われるだけに、予選での戦いはとくに重要。


モナコGPサーキットデータ
サーキット・デ・モンテカルロ
●コース全長:3.340km
●周回数:78周
●レース距離:260.520km
●コースレコード 1分13秒532
ライコネン(マクラーレン)/2006年
●決勝ベストラップ:1分14秒439
M. シューマッハ(フェラーリ)

2007年結果
●ポールポジション:アロンソ(マクラーレン)
1分15秒726
●優勝:アロンソ(マクラーレン)
1時間40分29秒329
●ファステストラップ:アロンソ(マクラーレン)
1分15秒284
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集