【NEW環境展08】富士重、新型塵芥収集車を出展

エコカー 燃費

【NEW環境展08】富士重、新型塵芥収集車を出展
  • 【NEW環境展08】富士重、新型塵芥収集車を出展
富士重工業は、6月3 - 6日に東京ビックサイトで開催される「2008NEW環境展」に新型回転板式塵芥収集車「G-RX」フジマイティーLP81型シリーズ4トン車を出品すると発表した。

LP81型シリーズの4トン車は、フジマイティーLP681、LP781、LP881、LP881L、LP981の5型式で、今年1月から全国のフジマイティー販売特約店を通じて発売を開始し、4月から出荷している。

新型LP81型シリーズは、塵芥収集車市場でのトップメーカーである富士重工業と新明和工業が共同開発し、昨年5月に発売開始している2トン車タイプに続く市場投入となる。両社の共同開発は、2005年から販売を開始しているプレス式塵芥収集車G-PXに続くもので、今回の発売により、次世代型塵芥収集車のフルラインアップがそろった。

G-RXは、これまでの商品特徴である積込力と積込効率をより高めるとともに、徹底的に低騒音化、高性能化を追求、従来の塵芥収集車にはない洗練されたデザイン形状を採用したのが特徴。

また、自主安全基準「SAFETY21」を踏襲し、後方確認のバックアイカメラや後方の視認性の向上のためのハイマウントストップランプを標準装備にするなど、安全性の向上を図っている。このほか、増加傾向にある塵芥車の火災事故に対応するため、二酸化炭素を利用した荷箱内の火災拡大を抑制する装置をオプションとして設定し、火災事故の被害を軽減できる工夫を施した。

富士重は、プレス式と今回の回転板式塵芥収集車の投入で、2009年度までに年間2000台を販売を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集