【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者が乗ってみた

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者が乗ってみた
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者が乗ってみた
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者が乗ってみた
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者が乗ってみた
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者が乗ってみた
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者が乗ってみた
  • 【トヨタ アルファード/ヴェルファイア 新型発表】運転席に180cm+・90kg+の記者が乗ってみた
12日に発表された、トヨタのミニバン『アルファード』ニューモデルと、新型車『ヴェルファイア』。180cm+&90kg+の大柄記者が乗り込んで、身体で実測した。

まずは運転席。ドアは90度までは開かないもののかなりの角度で開くし、高さ的にもちょうど記者的には合っており、実に乗りやすい。女性のようにもっと小柄な方の場合のため、ステップも用意されているので、乗りやすさは随分と考慮されている感じだ。

乗り込んでみて、高さにはまず申し分なし。室内高1400mm(一部は1360mm)もあり、記者の座高はおおよそ1mだが、特に座面高を調節しなくても、コブシひとつ分は余裕がある。室内幅も1585mmとかなり余裕があり、横方向もまったく問題ない。肩幅60cmほどの記者だが、同じ体格の人が助手席に乗ってお互いにヒジかけにヒジを載せても、まずぶつかることはないはずだ。

ステアリングの角度に関しては、調整して最大限上向きにしても、記者の体格だと結構太ももに近い。同じぐらいの体格の人だと、人によっては窮屈に感じる可能性もある。ヒザの辺りと足もとに関しては、窮屈さはなし。ペダル類も、左足ブレーキでも違和感がない感じだ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集