スバル レガシィ 一部改良…プリクラ搭載

自動車 ニューモデル 新型車
スバル レガシィ 一部改良…プリクラ搭載
  • スバル レガシィ 一部改良…プリクラ搭載
  • スバル レガシィ 一部改良…プリクラ搭載
  • スバル レガシィ 一部改良…プリクラ搭載
  • スバル レガシィ 一部改良…プリクラ搭載
  • スバル レガシィ 一部改良…プリクラ搭載
富士重工業は、スバル『レガシィ』シリーズに一部改良を施すとともに、スバルとして初となるプリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減)機能を備える先進運転支援システム「EyeSight」(アイサイト)を採用したモデルを設定し、8日から発売開始した。

今回の一部改良では、新ボディ色の設定、内装の質感向上、一部仕様装備の変更を実施するとともに、2.5リットルエンジン搭載車の追加設定を中心にラインナップの見直しを図り、シリーズ全体の商品力を強化を図った。

また、新型ステレオカメラと新開発3D画像処理エンジンにより、高性能なプリクラッシュセーフティを実現する先進運転支援システムの「EyeSight」を搭載した。

ツーリングワゴン/B4の「2.0GT EyeSight」、「3.0R EyeSight」、アウトバックの「3.0R EyeSight」として新たに設定する。

このほか、ツーリングワゴン/B4に、燃費性能と経済性の高い2.5リットル水平対向4気筒NAエンジンを搭載する「2.5i」、ツーリングワゴン/B4/アウトバックに、全車速追従機能を持つSIレーダークルーズコントロールを搭載する「2.5i SI-Cruise」を新たに設定する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集