【インプレ'08】両角岳彦 トヨタ『イスト』北米ありきの商品企画

試乗記 国産車

アメリカのサイオン・チャネル、つまり若者向けで価格やや低めのファッション商品を供給する販売網に送り込む「SUV風味の小さなパーソナルカー」。

つまり商品企画はアメリカ主導であって、日本で「少し上質そうな小型車」として受け入れられた先代をこれで継承できるのか、という疑問がまず浮かんだ。

ステアリングホイール(回転軸が下にオフセット)、ペダル、シートの位置角度の整列が微妙にズレているところから、何となくしっくりこない。

リアシートはあまり使用頻度が高くないと見ているのか、サイズが小さく平板。リクライニングはあるが、よい着座姿勢に落ち着くのは難しい。

走らせると現行『ヴィッツ』系そのもので、何に乗っているのか印象希薄。足が突っ張って乗り心地もロールも不自然で路面の形どおりに揺すられる。電動パワーステアリングの躾けが雑。

エンジンは1.8リッターでもトルク薄く、ひたすら変速するCVTとの組み合わせも制御性、燃費など弱点多い。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。自動車の工業製品としての本質を追究した評論活動を行なっている。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集