【東京オートサロン08】ランエボX OHLINS RACINGスーパー耐久仕様

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2007年のスーパー耐久シリーズで宿命のライバル、『インプレッサ』を下し、7戦全勝という快挙を成し遂げ、三菱ファンを狂喜させたOHLINS RACING。チャンピオンチームが放つ最新型モデル、『ランサーエボリューションX OHLINS RACINGスーパー耐久シリーズ仕様』が東京オートサロンのステージに登場した。

最高出力250kW(340PS)、最大トルク490N-m(50.0kgm)のエンジンはRALLIART製インタークーラーパイピングキットと、メーカー非公開のチタン製レーシングマフラーで吸排気系をブラッシュアップ。OHLINSの真骨頂というべき足回りはOHLINS製DFV車高調整式サスペンションとEIBACH製スプリングを組み合わせ、車両運動統合制御システムS-AWCでコントロールされる。ホイールはWORK製EMOTION「XC8」(18×9.5J)、タイヤはADVANレーシングスリックの250/650R18。ブレーキはbrembo製レース専用キャリパーとなっている。

エアロキットはすべてVALDI SPORT製。ボンネットフード、ノーズカウル、リアバンパー、サイドステップ、ウィングの5点で、ウィングのみ15万2250円の価格が表示された他は参考出品となっていた。インテリアはRECAROシート、KEYSステアリング、WILLIAMSの5点式シートベルトは市販品。FIA公認ロールゲージは参考出品だ。
《杉山淳一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集