【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露

自動車 ニューモデル モーターショー

【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
  • 【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
  • 【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
  • 【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
  • 【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
  • 【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
  • 【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
  • 【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
  • 【デトロイトモーターショー08】三菱が新開発ディーゼル搭載 RA を披露
三菱自動車の米国子会社の北米三菱自動車が、13日に開幕した「北米国際自動車ショー」(デトロイトモーターショー)で、車両運動統合制御システム「S-AWC」や高効率トランスミッション「Twin Clutch SST」に加え、新開発クリーンディーゼルエンジンを搭載したスポーツクーペのコンセプトカー『MITSUBISHI Concept-RA』を世界初披露した。

また、昨年春から北米市場で販売を始めた『ランサー』(日本名=『ギャランフォルティス』)に、2.4リットル「MIVEC」4気筒 DOHCエンジン搭載車を追加設定するとともに、最高出力240PSの新開発の2.0リットルMIVEC4気筒DOHCターボチャージャー付きエンジンを搭載した、2008年夏に発売予定の『ランサーラリーアート』も発表した。

昨年末に北米市場で発表したハイパフォーマンス4WDセダン『ランサーエボリューション』(日本名=ランサーエボリューションX)、車両運動統合制御システムS-AWCのシャシーモデルや、S-AWCの効果が体感できる「S-AWCシアター」などを出展した。

このほか、環境への取り組みとしてConcept-RAに搭載し、低燃費、かつ米国の排出ガス規制「Tier2 Bin5」対応を視野に入れた次世代クリーンディーゼルエンジン、動力伝達効率の高いTwin Clutch SST、独自の植物由来樹脂技術「グリーンプラスチック」などを出品した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集