【東京オートサロン08】GT-R のSUPER GT参戦カラーリングを公開

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【東京オートサロン08】GT-R のSUPER GT参戦カラーリングを公開
  • 【東京オートサロン08】GT-R のSUPER GT参戦カラーリングを公開
日産自動車と、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO、ニスモ)は、「東京オートサロン2008with NAPAC」、「大阪オートメッセ2008」に、2008年のSUPER GTシリーズに参戦するNISSAN『GT-R』(GT500仕様)を展示する。

展示車は、2008年シーズンから使用される新しいニッサンモータースポーツのワークスカラーリングが施される。

新デザインの決定では、日産自動車のデザイン本部とニスモが意見交換しながら決めた。開発プロセスでは、ニスモのファンクラブ組織である「Club NISMO」会員の一部を始めとする、日産自動車のモータースポーツ活動を支えているファンの声も反映させたとしている。

今回の変更では、従来の「ブラッシュストローク」デザインの継続要否の確認から始め、様々な関係者からの意見をヒアリングした。この結果、基本デザインに対しては、すでにファンの愛着と親近感が確立しているとの声を得た。

このため、日産のイメージを象徴する赤を基調とした「ブラッシュストローク」は継承しつつ、アクセントカラーを従来『フェアレディZ』で採用していたテクノロジーを象徴するシルバーから、NISSAN GT-Rの持つハイパフォーマンスをイメージする黒に変更した。

また、レースでの機能要件である視認性の向上、判別性の確保、熱対策に、革新性のイメージを加えた4つの要素も織り込んだデザインに仕上げた。

カラーリングに関するメディア向けトークショウを11日9時30分から「東京オートサロン 2008 with NAPAC」内、日産ブースで開催する。

同車の詳細や来シーズンのSUPER GTへの参戦体制を含む日産自動車のモータースポーツ活動に関しては、1月31日に予定されている記者会見で発表する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集