【ダイハツ タント 新型発表】パパはカスタムがお好き

自動車 ニューモデル 新型車

【ダイハツ タント 新型発表】パパはカスタムがお好き
  • 【ダイハツ タント 新型発表】パパはカスタムがお好き
  • 【ダイハツ タント 新型発表】パパはカスタムがお好き
  • 【ダイハツ タント 新型発表】パパはカスタムがお好き
  • 【ダイハツ タント 新型発表】パパはカスタムがお好き
  • 【ダイハツ タント 新型発表】パパはカスタムがお好き
  • 【ダイハツ タント 新型発表】パパはカスタムがお好き
新型ダイハツ『タントカスタム』のターゲットユーザーは標準の「タント」同様、子育て世代。その中でも、男性ユーザーを狙うのがカスタムだ。

商品開発本部、軽開発ブロック主査の本岡豊司さんは、「先代でもカスタムを設定したことによって、男性ユーザーの比率が上がった経緯があります」という。特に若いユーザーをメインのターゲットにはしてないようだ。

カスタムのシートは先代同様にベンチシート風。デザインを担当した第2デザイン部 開発グループ 課長の小山隆彦さんは、「ゆったりとクルージングするクルマですので、ソファ風のベンチシートにしています。デザインも、横基調にしています。標準のタントでは、前席から後ろに振り向きやすいように、左右振り分けにしているんです」と言った。

エクステリアデザインについて小山さんは、「カスタムは、“ゴージャス&グレートクルーザー”のコンセプトに相応するように、顔周りはアグレッシブになるように、動きのある立体で構成しました。迫力のあるものを目指しました」と語った。

残念なことは、ホイールが先代からのキャリーオーバー。コストがハミ出たか……。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集